挑み続けるマツダのルーツ

挑み続けるマツダのルーツ

番茄社区安卓下载挑み続けることと常識を打ち破る意志。それが広島の、そしてマツダの姿勢。

広島で育まれた、
マツダのチャレンジ精神

マツダには広島の土地、人々の影響が色濃く反映されています。その代表的なものが不屈のチャレンジ精神。戦後、壊滅的な打撃を被った広島は驚異的な復興を遂げますが、このゼロから立ち直る屈強な精神、チャレンジしていく姿勢は、広島の企業であるマツダにも受け継がれています。

誰もが無理だと思うこと、難しいということに敢えて挑む。どんな困難や大きな壁に当たっても、決して諦めずに夢を追いかける。それが広島の、そしてマツダの精神です。新しい技術は、挑戦からしか生まれない。マツダはそんな信念を持って、クルマをつくり続けています。

常識を打ち破る意志
-Defy Convention-

番茄社区安卓下载マツダのチャレンジ精神を表しているその姿勢のひとつが「Defy Convention」。常識を打ち破る姿勢です。皆がやっていることをやって、普通のクルマをつくるだけでは物足りない。本質を追求するためには人と違うやり方もいとわず、まだ誰も見たことのないクルマをつくりたい。マツダはそう考えます。

このような姿勢は、技術的な領域のみならず、企画から生産現場まで会社全体に行き渡っています。どんなに難しくとも、未知の領域に挑戦することで、マツダはここまで成長することができたのだと考えています。

挑戦を支える組織風土

マツダのチャレンジ精神は、チームワークによって発揮されます。組織が一丸となって創意工夫することで、困難を乗り越え、お客様のニーズに沿ったクルマづくりを進めています。

この“One Mazda”ともいうべき文化醸成には、マツダ本社のユニークな敷地条件も貢献しています。開発、生産、営業機能などが各地に点在する自動車メーカーが多いなか、マツダでは、それらが広島の同じ敷地内に集約されているため、垣根を越えたコミュニケーションが活発なのです。

この広島で生まれたチャレンジ精神は、現在では世界に広がるマツダ社員一人一人にも根付いています。世界中のクルマを愛する人々に走る歓びを届けるべく、一丸となってクルマづくりに日々挑んでいます。

このページを見たあなたへのおすすめ

  • 広島から世界への挑戦
  • マツダのものづくりDNA
  • ロータリーエンジン開発物語